本文へスキップ

私たちは,2015年に発生した東芝の粉飾決算事件の株主被害回復を目的とする弁護団です。

TEL 0120−643-663

弁護団事務局

質問 集団訴訟に参加できないと,東芝への損害賠償は完全に無理でしょうか?DUCTS

ご理解いただきたいのは,わたしたちの集団訴訟は,東芝に対して損害賠償請求の方法のひとつに過ぎない,ということです。

他の方法で東芝に損害賠償請求ができる可能性を否定するものではありません。

わたしたちは,「集団訴訟に参加できるかどうか」ということについて,一定の条件をつけています。

これは,わたしたちは,大勢で共通の法律問題をあつかう「集団訴訟」という方法論で裁判に勝つために最適な理論構成をとっているからです。

たとえていれば,こういうことです。

山があるとします。

登山で山に登るときには,山の頂上につづく道は,いくつかあります。

ただ,大勢でパーティを組んで登山するのであれば,広い道をいかなければなりません。

その広い道を使えない方は,同じルートで登ることはできません。

その山には,いくつか,ほかにも道はあります。

わたしたちは,他の道があることを知っていても,大勢で登るのに適した道を登るしかありません。

他の道は,大勢で登るのには,適していないのです。

しかし,大勢ではなく,個人であれば,他に登れる道はあるかもしれません。

集団訴訟ではなく,個人で弁護士に依頼するのであれば,他の道をとおって損害賠償請求をする可能性は,否定されるものではありません。

マスコミ掲載歴

朝日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
日本経済新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
読売新聞 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
毎日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
テレビ東京に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
TBS放送 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
産経ニュースに当弁護士団の活動が 取り上げられました。

東芝事件株主弁護団

2015年の東芝の粉飾決算により被害を受けた株主の被害回復を目的としています。

東芝の粉飾決算被害についてお悩みの方はいつでも電話してください。

↑ トップページにもどる

ナビゲーション

バナースペース