本文へスキップ

私たちは,2015年に発生した東芝の粉飾決算事件の株主被害回復を目的とする弁護団です。

TEL 0120−643-663

弁護団事務局

質問 裁判に参加した場合,自分の名前は世間一般に出ますか?SERVICE&PRODUCTS


東芝の粉飾事件の裁判に参加した方の名前が世間一般に出回るようなことはありません。
この点は,ご安心ください。

誰が粉飾の事件の裁判に参加したか,ということを知っているのは弁護団の弁護士だけです。

弁護士は,弁護士法という法律によって依頼者の秘密を守る義務があり,これに反した場合には処罰されることもありますので,弁護士が名前を勝手にもらすようなことはありません。

また,裁判に参加した方同士であっても,お互いの名前は秘密にされます。

自分以外に,どこの誰が裁判を起こしているのかは,わかりません。

弁護団としては,「総勢○○名」「東京で○○名」という発表はすることはありますが,個人を特定できるような名前,住所を漏らすことは全く考えていませんので,ご安心ください。

よく,お問い合わせで「東芝事件の説明会は何人くらい参加するのですか?」と,たずねられることも多々あります。

やはり,何人参加しているのか,ということには興味があるのが人情というものです。

ですので,何人参加している,という程度の情報提供は,みなさまのためになることだと判断しているので,おこなっています。

ただ,裁判をおこなうときに,どうしても名前を使用しないといけないときがあります。

それは,裁判所に対して裁判を起こすときに作る「訴状」には,住所と名前を書かないといけない,ということです。

さすがに,裁判所と,裁判の相手方である東芝に対しては,どこの誰が裁判を起こしたのか,ということは伝えないと裁判が始まりません。

東芝に対して,裁判を起こした方が,本当に株主なのだ,ということは主張しないと損害賠償請求ができません。

では,裁判で氏名を知った東芝の方が,裁判を起こした方の名前を世間一般に出すかどうか,という点ですが,まあ,東芝がそういうことをすることはないと信頼していいとおもいます。

東芝が,裁判を起こした株主の名前を外部に漏らすと,それは,個人情報保護法違反になります。

粉飾決算をしたとはいっても,東芝は日本を代表する大企業であることには変わりはありません。

その東芝が,個人の株主の名前を,法律に違反してまで世間一般に出す,ということは全く考えられません。

また,東芝が個人の株主の名前を出すことで,東芝がなにか利益を得られるかといえば,なんの利益にもなりません。

ですので,東芝側から,株主の名前が外部に流出する,ということも,あり得ないことですです。

ですので,名前が出ることをおそれて粉飾被害の裁判をしない,という方については,そういうことはない,と説明したいのです。


マスコミ掲載歴

朝日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
日本経済新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
読売新聞 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
毎日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
テレビ東京に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
TBS放送 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
産経ニュースに当弁護士団の活動が 取り上げられました。

東芝事件株主弁護団

2015年の東芝の粉飾決算により被害を受けた株主の被害回復を目的としています。

東芝の粉飾決算被害についてお悩みの方はいつでも電話してください。

↑ トップページにもどる

ナビゲーション

バナースペース