本文へスキップ

私たちは,2015年に発生した東芝の粉飾決算事件の株主被害回復を目的とする弁護団です。

TEL 0120−643-663

弁護団事務局

質問 東芝の現役社員は参加できない,という趣旨はなんでしょうか?SERVICE&PRODUCTS


私たちの被害者説明会では,ホームページなどの公開情報にはできない話もお話をすることになります。

被害者にとっては,非常に重要な情報ですが,逆に,この情報を,東芝に知られるのは,よろしくないところがあります。

とくに,弁護団の方針を東芝に知られてしまいますと,東芝側には,
「どのような法的な見解にもとづいて,どういう考えにもとづく金額の損害賠償を提訴するのか」
ということが事前にわかってしまいます。
それは,避けた方がいいのです。

そういう弁護団の見解を東芝に知られても,決定的にまずいわけではないのですが,
東芝側に予測をさせない,準備の期間を与えない,
ということが,裁判を有利にたたかう上では,のぞましいのです。

さて,東芝の現役社員の方は,もしかりに,上司に
「おまえ,東芝の株をもっているんだったら,弁護団の被害者説明会に潜入して情報をさぐってこい」
と命令されたら,心ならずもスパイをしなくてはならないかもしれません。

そういうスパイ行為を防止するために,東芝の現役社員の方は説明会には参加できない,ということにしています。

なお,誤解しないでいただきたいのは,
私たちの弁護団は,東芝の一般社員をおとしめる意図は全くない
ということです。

私たちは,東芝の一般社員は,株主と同じく,被害者だと思っています。

会社内の一部の権力者に,達成不可能な目標を押しつけられて,疲れ切っているでしょうし,

今回の一連の不祥事で,心も傷ついているでしょう。

私たちは,株主の方々に,くれぐれも,東芝の一般社員を憎まないでほしい,と訴えています。

いくら上司が無茶苦茶でも,部下は,命令されたら,それにしたがうしかないではありませんか。
(ご自分でも経験がありませんか?)

それが日本のサラリーマン社会の現実です。

理想論はともかくとして,現実を無視して,命令されただけの人を責めるのはイジメです。

イジメに加担するような人間であってはいけません。

私たちは,株主,会社の所有者として,高貴な精神,公平な視点をもたなければなりません。

今回の事件で,悪いのは,東芝の一部の悪い権力者です。

悪い権力者の責任を,一般社員に押しつけてはいけません。



さて,私たちは,東芝の一般社員の方が,自分の意思でスパイ行為をするとは考えていません。

しかし,無茶苦茶な上司にスパイ行為を強要されたらどうでしょうか?

しないといけなくなるかもしれません。

しかし,私たちが,東芝の現役社員の方を一律参加禁止にしていたら,東芝の一般社員の方は,
「弁護団が参加禁止にしているから参加は無理ですよ」 と,言えるでしょう。
(すくなくとも,そういう反論をする根拠のひとつにはなります。)

参加禁止なのを知りながら,上司がスパイ行為を命令した場合,それが発覚したら,
またマスコミにたたかれることになります。

そういうリスクを考えれば,上司も,参加禁止なところに部下を派遣することはためらわざるをえません。

その意味では,私たちが東芝の現役社員の方を参加禁止にしているのは,

東芝の一般社員の方のためでもあると,ご理解ください。


マスコミ掲載歴

朝日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
日本経済新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
読売新聞 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
毎日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
テレビ東京に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
TBS放送 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
産経ニュースに当弁護士団の活動が 取り上げられました。

東芝事件株主弁護団

2015年の東芝の粉飾決算により被害を受けた株主の被害回復を目的としています。

東芝の粉飾決算被害についてお悩みの方はいつでも電話してください。

↑ トップページにもどる

ナビゲーション

バナースペース