本文へスキップ

私たちは,2015年に発生した東芝の粉飾決算事件の株主被害回復を目的とする弁護団です。

TEL 0120−643-663

弁護団事務局

裁判の場合、株主は、裁判所に行かないといけないのでしょうか?


東芝の株主の方本人は,裁判所まで行く必要はありません。

弁護士が,株主の代わりに,代理人として裁判所に出廷できます。

ですので,今回の東芝の粉飾被害の裁判について,株主の方は,裁判所に行かなくてよいのです。

これも,弁護団に依頼するメリットのひとつと言えるかもしれません。

なお,東芝との裁判に自分が出廷しない場合に,裁判の進み具合をどう把握したらいいのか?という疑問は出てくると思います。

東芝に対する裁判の途中経過については、一回の裁判期日が終わるごとに、株主の方にご通知をします。

ご通知は「弁護団通信」というお手紙を送ることを考えています。

また,メールマガジンの発行も考えています。

ですので、株主の方が裁判所に,毎回出廷しなくても,裁判の進み具合がわかるようにしておきたいと考えています。

株主の方が裁判所に出廷するとしたら、一度だけ、

本人尋問という手続きのときに出廷する可能性があります。

本人尋問をおこなうことは、株主にとって有利なことなので、

出廷することが望ましいのです。

ただ、今回の東芝の粉飾事件の場合、本人尋問は、必ずしも必要ではないケースとも考えられます。

というのは,今回の裁判では,株主側は,いつの時点で何株を持っていたのか,ということが重要な論点になりますので,株主の内心は,裁判では,あまり関係がないともいえるのです。

ですので,裁判所が本人尋問をおこなわないということも十分に考えられます。実際,ライブドア事件や,オリンパス事件など,過去の裁判では,本人尋問は,ほとんどおこなわれなかったと聞いています。

本人尋問がおこなわれないケースでしたら、東芝の株主は、

一度も裁判所に行かないということもあり得ます。

もちろん、裁判は公開の法廷でおこなわれますので、

だれでも傍聴することができます。

どの裁判所の何号法廷で,東芝の粉飾被害の裁判がおこなわれているか、ということは、

期日のたびにご通知しますので、

「東芝の粉飾決算の裁判がどういうふうに行われているのか、ふらっと興味がわいた」

という方は、いつでも裁判を傍聴してください。



マスコミ掲載歴

朝日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
日本経済新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
読売新聞 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
毎日新聞に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
テレビ東京に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
TBS放送 に当弁護士団の活動が 取り上げられました。
産経ニュースに当弁護士団の活動が 取り上げられました。

東芝事件株主弁護団

2015年の東芝の粉飾決算により被害を受けた株主の被害回復を目的としています。

東芝の粉飾決算被害についてお悩みの方はいつでも電話してください。

↑ トップページにもどる

ナビゲーション

バナースペース