東芝粉飾事件ニュース一覧

2015.5.8

東芝が不適切会計が原因で2014年度業績予想を「未定」に変更した

 

2015.5.11

東芝がストップ安売り気配となる。東芝は会計処理問題で前期は期末無配となる。

 

2015.05.14

東芝が不適切会計により,今期決算から500億円強を下方修正する予定。

 

2015.06.25

東芝が株主総会を開催した。社長が不適切会計を株主に謝罪した。

 

2015.07.08

東芝の不適切会計が最大2000億円となる見込みだ。東芝は,関係金融機関に追加融資枠要請する見込みだ。

 

2015.07.09

東芝は,銀行からの支援を受けるために,米WH(ウェスティング・ハウス)株の一部など資産売却を検討している。

 

2015.07.09

東芝の佐々木副会長は,不適切会計で再任困難になったため,退任する見込みである。

 

2015.07.10

東芝は,2006年に原発事業強化でアメリカの大手原子力発電メーカーであるウェスチングハウスを買収していたが,今回の不適切会計の影響で,ウェスチングハウス株を売却すると観測されている。

 

2015.07.10

東芝、社外取締役を半数以上にするように,企業統治を強化するという内容の新体制を検討している。

 

2015.07.11

東芝の田中社長が辞任する見込みである。田中社長は,不適切会計問題の原因となるような部下への指示をしていた人間である。これを受けて,東芝の株式は、注意銘柄指定となる可能性も出てきた。

 

2015.07.13

第三者委員会は,東芝の不適切会計に関して,西田,佐々木,田中,の3人の社長時代を調査している。

 

2015.07.14

東芝の株価は不適切会計発覚から下落率27%となった。東芝の株を保有するリスクの大きさが不透明であることが嫌われたようだ。

 

2015.07.15

東芝の不適切会計の金額は,3000億円台の損失計上を想定されている。

 

2015.07.16

東芝の不適切会計が組織的行為と認定される見込みである。

 

2015.07.18

東芝の不適切会計の金額が1600億円とされるようだ。

 

2015.07.20

第三者委員会の発表によれば,東芝不適切会計に経営トップが関与していたと認定された。なお,、過大計上の金額は1562億円と認定された。

 

2015.07.21

東芝の不適切会計が原因で,西田,佐々木,田中久雄社長ら歴代3社長が21日付で辞任した。

 

2015.07.22

東芝は、フィンランド社の株式を1180億円で売却した。不適切会計による損失発生が見込まれるため,事業資金を確保する目的である。

2015.07.25

東芝は,9月に室町氏を社長とする新体制のもとで信用回復をめざす,と発表した。

2015.08.14

東芝は,15年3月期の決算について,損失1000億円を超え,赤字転落もありえる。

2015.08.18

東芝は,15年3月期の純損益が赤字に転落する見込みとなった。

2015.08.31

東芝は、前期決算発表を再延期した。9月7日まで決算発表を延期することとなった。

新たに10件の不適切会計が発覚したらしい。

2015.09.07

東芝は、15年3月期の決算を378億円赤字と発表した。不正会計の修正額

2015.09.09

奈良の個人株主が,株主代表訴訟の準備。株主は,東芝歴代役員に対して計10億円賠償を請求するべきだ,と,東芝に告知した。

 

 

 

 

 

 

 

東芝粉飾事件の被害者説明会のための準備

平成27年9月5日が,東芝粉飾事件の第一回目の被害者説明会と決まりました。

日取りが決まりましたので,あとは,それに向けて,準備をおこなっていかなければなりません。

被害者説明会でつかう資料,契約書,契約の手引き,会場の手配,広報活動など,さまざまな活動が必要になってきます。

大変ではありますが,やりがいもあり,楽しい活動でもあります。

自分たちの弁護団活動が,社会に影響をあたえ,ゆくゆくは,日本の社会の在り方を変えていくようになると思います。

大きな事件への取り組みは,弁護士として,あるべき姿のように思います。

東芝粉飾事件の第一回の被害者説明会の日程が決まりました。

東芝粉飾事件の第一回目の被害者説明会の日程が決まりました。

平成27年9月5日です。

午後の1時半開始の予定となっています。

最初の被害者説明会ですので、いろいろと、課題は多いと思いますが、一歩ずつ、前進していきたいと思います。