カテゴリー別アーカイブ: 弁護団活動

東芝粉飾決算事件の解決のために、積極果敢な弁護団活動をおこなっています。

東芝集団訴訟第三次訴訟提起をしました。

東芝事件株主弁護団は,東京,大阪,福岡,高松の4つの裁判所に,8月8日から8月10日にかけて,訴訟提起をしました(第三次提訴)。
 
全国の合計では,原告数67名,請求総額は,5億2856万874円となります。
 
東芝集団訴訟 第三次提訴
   原告数 請求金額
東京地裁 33 ¥57,288,203
大阪地裁 23 ¥443,560,474
福岡地裁 6 ¥19,226,402
高松地裁 5  ¥8,485,795
   合計        67 ¥528,560,874
 
 
全国の被害者のみなさまと,ちからを合わせて,今回の訴訟をがんばっていきたいと思います。
 
第一次訴訟から第三次訴訟までの合計では,
原告数454名
請求総額19億円
 
という,大きな集団訴訟となりました。
 
今からでも参加できますので,ふるって,ご参加ください。

高松地裁…移送申立を却下判断。株主側勝利。

東芝集団訴訟の,中国四国第一次訴訟については,東芝の元役員である,西田氏,佐々木氏,田中氏,村岡氏が,
「裁判を東京地裁に移送してほしい」
という移送申立をおこなっていました。
これに対して,弁護団からは,移送を却下してほしいという意見を出していました。

高松地方裁判所は,平成28年8月5日付にて,本件移送申立を却下し,中国四国第一次訴訟を,高松地方裁判所で継続して審理する決定を出しました。

つまり,移送については,株主側が,勝利した,ということです。

東芝の元役員側から出された移送申立を却下する判断は,福岡地裁の判断に引き続いて,今回が二回目ということになります。

このように,東芝集団訴訟では,現在のところ,弁護団側が,有利に訴訟を展開している,と言うことができるでしょう。

 

平成28年6月20日 福岡での裁判の期日がありました。

平成28年6月20日,福岡での裁判が再開されました。

東芝側から,裁判を福岡から東京に移送してほしいという移送申立がされていましたので,一時中断していました。

福岡地裁は,移送申立を却下して,裁判を福岡で続行することに決定しました。

次回の福岡での裁判の期日は,平成28年8月29日午後4時となっています。

平成28年7月12日 東京地裁で裁判期日がありました。

平成28年7月12日午前11時に,東芝集団訴訟の東京地裁での裁判期日がありました。

今回,弁護団からは,東芝の元役員の具体的な注意義務違反行為について主張をおこないました。

次回には,東芝の元役員からの反論がされる予定となっています。

次回の東京地裁での裁判期日は,平成28年9月13日午前11時を予定しています。

平成28年7月6日 大阪地裁で裁判期日がありました。

平成28年7月6日,午後1時15分から,大阪地方裁判所の新館531号法廷にて,東芝集団訴訟事件の裁判の期日がありました。

今回は,弁護団から,東芝の元役員の具体的な注意義務違反行為を特定しました。

次回は,東芝の元役員からの反論がされる予定となっています。

次回の大阪地裁での裁判期日は,平成28年9月7日午後1時15分の予定です。

 

東芝の株主総会にてビラ配りをしました。

弁護団の弁護士は,平成28年6月22日におこなわれた,東芝の株主総会の会場の前で,ビラ配りをおこないました。

その様子は,日経ビジネスオンラインの東芝株主総会の特集記事でも紹介されました。

およそ,700部ほど,ビラを配ったと思います。

東芝の株主総会にこられるような,意識の高い株主の方に,弁護団の存在をアピールできたことは,とてもよいことだと思いました。

 

東芝事件集団訴訟第二次提訴をおこないました。

平成28年3月28日,東芝事件株主弁護団は,東京,大阪,福岡,高松の4つの地方裁判所において,全国的には第二次提訴をおこないました。高松地裁としては第一次になります。 続きを読む 東芝事件集団訴訟第二次提訴をおこないました。

東芝集団訴訟事件 福岡第一次訴訟の第一回口頭弁論期日

平成28年3月18日 午後1時10分から、福岡第一次訴訟の第一回口頭弁論期日がありました。

東芝側は、本件訴訟を東京地方裁判所に移送することを申し立てました。

弁護団は、これに対して、福岡で訴訟を続行するように意見を述べました。

東芝側が移送を申し立てた主な理由は、東京から福岡まで出廷するのが大変だから、というものです。

しかしながら、弁護団としては、福岡県に在住している事が多い原告にとっては、地元である福岡地方裁判所で裁判をすることができるメリットが大きいと考えるので、移送には反対するという意見を提出しました。

移送についての裁判所の判断は4月上旬にされる見込みです。