令和2年1月21日 東京地裁に出廷しました。

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

令和2年1月21日 東京地裁に出廷しました。

今回は、いわゆる責任論の大詰め作業として「虚偽記載の詳しい理由」についての、原告と被告東芝らの主張を整理する作業をおこないました。

有価証券報告書虚偽記載の具体的な事実について、原告が認識している具体的な事実を記載し、それに対して、被告東芝らの認否(その事実があったことを認めるか、認めないか)を記載する。

その後、被告東芝らの認否に対する、原告の反論を記載する、という形式で、原告と被告東芝らの主張の整理をおこなっています。

今回の主張の整理は、2月の裁判期日までおこなう予定です。