東京地裁に出廷しました。

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

最新記事 by 吉田 泰郎 (全て見る)

令和元年7月2日火曜日、東京地方裁判所での東芝集団訴訟に出廷しました。

今回の期日では、弁護団から、いわゆる損害論についての総論の主張をおこないました。

損害論とは「東芝および元役員の損害賠償責任が、具体的に、金何円の金額になるのか」ということを論じる議論のことです。

損害論については、次回の期日においても、引き続き主張する予定です。

次回以降、すでに決まっている東京訴訟の期日の予定は以下のとおりです。

令和元年7月2日 午後1時30分  東京地裁806号法廷

令和元年9月3日 午後1時30分  東京地裁806号法廷

令和元年10月8日 午後1時30分  東京地裁806号法廷

令和2年1月21日  午後1時30分  東京地裁806号法廷