平成30年3月6日 東京訴訟の期日がありました。

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

平成30年3月6日、午前11時から東京訴訟の裁判期日がありました。

今回の裁判期日において、裁判所から証券会社に対して、東芝株だけの取引明細を提出してほしいという「調査嘱託」の手続が正式に採用されました。
近日中に、裁判所から証券会社に対して、調査嘱託の通知がされる予定です。

また、原告(弁護団)からは、東芝の過去の有価証券報告書において、公正な取引慣行に違反する行為があったことを詳細に説明する主張をおこないました。訳50頁ほどの書面を提出しています。

原告(弁護団)としては、今回の詳細な主張を出したことで、「公正な取引慣行に違反する行為があったかどうか」という論点については、事実上は決着がついたと考えています。

被告である、東芝および役員からは、今回の原告(弁護団)の主張に対して、次回に反論を予定しているとのことでした。

東京訴訟の次回以降の期日は

平成30年5月8日 午後1時30分

平成30年7月10日午後1時30分

となっています。