年金基金が東芝に追加の損害賠償訴訟を提起しました。

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

東芝からのIRによれば,年金基金からの損害賠償請求訴訟が,平成28年8月9日に東京地裁に提起されたそうです。

くわしくはこちら

今回の提訴金額は約119億円だということです。

かなり大型の訴訟です。

また,東芝は,今回,私たち弁護団が起こしたものも含めて,現在,国内で起こされている訴訟を公開しています。

その中の大半は,私たち弁護団の訴訟ですが,他に1名で起こしている方もいるようです。

たとえば,大阪地裁では1名で5600万円を請求している方がいます。

広島地方裁判所福山支部では1名で5700万円を請求している方がいます。

5000万円というような,大きな被害を受けている方の場合には,1名で裁判を起こしても,裁判費用を負担してもいいのかもしれませんね。

いずれにせよ,年金基金のような,公的な機関が,私たちと同じように,株主の権利として損害賠償請求をしてくれているのは,心強いことです。

私たちも,年金基金の訴訟活動に負けないくらいに,立派な訴訟活動をおこなっていきたいと思います。