高松地裁…移送申立を却下判断。株主側勝利。

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

東芝集団訴訟の,中国四国第一次訴訟については,東芝の元役員である,西田氏,佐々木氏,田中氏,村岡氏が,
「裁判を東京地裁に移送してほしい」
という移送申立をおこなっていました。
これに対して,弁護団からは,移送を却下してほしいという意見を出していました。

高松地方裁判所は,平成28年8月5日付にて,本件移送申立を却下し,中国四国第一次訴訟を,高松地方裁判所で継続して審理する決定を出しました。

つまり,移送については,株主側が,勝利した,ということです。

東芝の元役員側から出された移送申立を却下する判断は,福岡地裁の判断に引き続いて,今回が二回目ということになります。

このように,東芝集団訴訟では,現在のところ,弁護団側が,有利に訴訟を展開している,と言うことができるでしょう。