日別アーカイブ: 2016年4月23日

ニュース解説「東芝、原発で3000億円損失 米WH資産価値を修正」

東芝が、子会社である、ウエスティングハウス(WH社)について、3000億円程度の減損処理をする可能性があることが報道されています。

一部の報道機関により、昨年である2015年の11月に、以下のことが報道されています。

すなわち、WH社自体が、2012年と2013年に1600億円程度の「のれん代」の減損処理をしていたということです。

東芝は、WH社の株式を80%程度持っており、連結子会社にしています。普通に考えれば、親会社は、子会社において巨額の損失が発生したら、子会社の価値が下がるので、子会社の株式の価値を下げる必要があります。

ですから、東芝は、本来、2012年と2013年に、すぐに、自分が持っているWH社の株式の価値を切り下げる処理(すなわち減損処理)をしないといけなかったのです。

ところが、東芝は、2012年と2013年の時点では減損処理をせず、しかも、2015年11月に減損処理をタイムリーにしなかったことを認めておきながら、2015年11月には減損処理をせず、今まで先延ばしにしてきました。

当時から、減損処理の先延ばしは、きわめて疑問の残る会計処理であると、多くの人が指摘していましたが、問題の発覚から半年もたって、ようやく、減損処理をしたということになります。

今後は、今回の減損処理の中身を十分に確認した上で、不正な会計処理ではなかったかどうか、を検証していかなければなりません。

また、2013年の段階では1600億円の減損だとされていたものが、今回、3000億円にまで膨らんでいるのはなぜか、ということも解明が必要でしょう。

続報が待たれるところです。