平成28年1月30日 大阪説明会

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

東芝事件株主弁護団の説明会を、平成28年1月30日土曜日 大阪弁護士会でおこないました。

弁護士佐野、弁護士吉田、弁護士松島、の3名で、説明会をおこないました。

大阪は、ここ数回は、団長の佐野隆久が単独でおこなっていたので、久しぶりに弁護士3名でおこなうと、一人あたりの負担が軽くなりました。

私たちの説明会では、通常、1時間半くらい説明をするため、一人で説明会を持つのは、なかなか、大変なところがあるのです。

今回は、16名の方が説明会に参加され、

「東芝が買収された場合には、この裁判は、どうなるんでしょうか」

「平成27年11月に、明るみに出た、東芝の子会社の原子力発電所の減損の件は、損害賠償に関係があるのですか?」

「東芝の株主は、ものすごく大勢いると思うのですが、他の多くの方は、裁判に参加しないのでしょうか?」

というような、活発な質問もいただきました。

説明会にお越しになる方は、非常に勉強家の方が多く、弁護士としても、大変に勉強になります。