ロイター「東芝を特設注意市場銘柄に指定」との報道について

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

平成27年9月14日のロイター通信によると,東京証券取引所は東芝を「特設注意市場銘柄」に指定した,との報道がされています。

「特設注意市場銘柄」というのは,証券取引所が,企業の内部管理体制を改善する必要性が高いと判断した場合に指定する銘柄です。

上場廃止とは違います。もちろん,「特設注意市場銘柄」に指定されたあとも,普通に,売ったり買ったりできます。

「特設注意市場銘柄」に指定されてから,1年ごとに,内部管理体制を東京証券取引所に提出しないといけません。

もしも,東京証券取引所が「内部管理体制が改善されていない」と判断したら,上場廃止もあり得るわけですが,まず,そのような事態にはならないと考えています。

なお,平成27年9月15日段階で,特設注意銘柄に指定されているのは,東芝の他

エナリス(6079)

リソー教育(4714)

などです。

いずれも,過去に,粉飾決算をおこなって,現在,株主から裁判をおこされている企業ばかりであり,ここに,日本を代表する大企業である東芝が並ぶというのは,不名誉であり,残念なことだとおもいます。

くわしくは,こちらから東京証券取引所のホームページで確認できます。

なお,万が一,上場廃止になる場合には,整理銘柄に指定されます。整理銘柄に指定されてから,原則として1カ月間は売買ができますが,1カ月が過ぎると,上場廃止になります。

東芝の経営陣の方は,特設注意銘柄に指定された,ということについて,十分に反省し,責任のある全ての役員の方は,全て退陣していただきたいとおもいます。