東芝粉飾事件に対して弁護団によせられた意見

The following two tabs change content below.

吉田 泰郎

高松の弁護士吉田泰郎です。東芝事件株主弁護団では、事務局長 兼 広報担当をおこなっています。 吉田の詳しい自己紹介ページはこちら

弁護団には,最近は,毎日のようにお問い合わせの電話をいただいています。

その中の一人の方のお声を紹介したいと思います。

「私は,東芝の製品が好きで,家には,東芝の製品ばかりです。洗濯機,冷蔵庫,乾燥機,掃除機,全部,東芝です。

東芝の株も,ずいぶんと長いこと持ち続けていました。

東芝だったら,大きく下がることもないだろう,堅いと思って,調子の良くないときも,ずっと持っていました。

そういうふうに,東芝を,堅い会社,安定した会社,だと思っていましたのに,今回,こんな不祥事を起こして,とても怒っています。

相場の変動で下がるのはしょうがないけど,今回は,あきらかに東芝が悪くて下がってしまったのですから,運が悪かったということでは,気持ちがおさまりません。」

このようなお声でした。

同じような意見を持っている方は,多いのではないでしょうか。

東芝の株をもっている方は,大半が,東芝のことが好きで,堅い安定した会社だと思って買った人です。

それなのに,こんな,日本の証券史上最悪とも言われる粉飾決算を起こして,本当に,とんでもないことだと思います。