弁護団通信33号を発送しました。

弁護団通信33号を発送しました。

今回は、最近の東芝側からの反論を説明しています。

いずれも「損害論」に関する反論です。

また、東芝側からの反論に対する、弁護団からの再反論も説明しています。

よろしくお願いします。

新型コロナの影響で、4月、5月の裁判期日は、全国的に取り消されていました。

6月30日東京訴訟、7月1日大阪訴訟から、再度、裁判の期日が入るようになってきています。

裁判期日が復活してきました

新型コロナの影響で、日本中の裁判所が、4月から5月にかけて、一斉に裁判の期日を取り消されていました。

東芝集団訴訟も例外ではなく、4月と5月の予定だった裁判の期日は、取り消されていました。

東京地裁、大阪地裁では、6月の裁判の期日も、半分程度は取消となっているようです。

しかしながら、東芝集団訴訟は、東京地裁では6月30日から、裁判の期日が開催されることになりました。

大阪地裁では、7月1日から、裁判の期日が開催されることとなりました。

福岡地裁では、裁判所への出廷ではなく、リモートのテレビ電話会議で、裁判の期日を開催しようという話になっています。

リモートの場合には、マイクロソフトのチームズというテレビ電話会議のソフトを使用することになるようです。

高松地裁の場合には、7月の期日は予定どおり、おこなわれます。

このように、東芝集団訴訟の裁判も、新型コロナの影響から、復活して、正常どおりに裁判が開催されるようになってきました。

新型コロナウイルス対応による裁判期日取消

東京地方裁判所で、次回期日が令和2年4月21日に予定されていましたが、新型コロナウイルス対応の影響により、期日が延期となっています。

なお、大阪地方裁判所でも、次回期日予定の令和2年5月6日の期日が取消となっています。

東京地方裁判所、大阪地方裁判所では、政府による緊急事態宣言を受けて、民事事件については、原則として、全ての事件の期日を取り消しています。

→東京地方裁判所の「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための期日取消等について」

新型コロナウイルスの問題は、全世界的な問題ですので、今回の期日取消は、やむを得ないことでした。

裁判としては、1回休みということになりますが、この機会に、弁護団としても、裁判の再開後の書面に、磨きをかけて充実させたいと考えています。

よろしくお願いします。

 

 

令和2年2月18日 東京訴訟の裁判に出廷しました。

今回、東京訴訟では、有価証券の「虚偽記載」について、被告元役員らの反論に対して、原告から再反論をおこないました。

また、東芝に対しておこなっていた文書提出命令申立について、東芝側が、資料を開示してきました。

これは、第三者委員会の調査報告書の公開の後に公表された、8月18日公表、9月7日公表の原資料となるものです。

今回の資料も、今後の主張に生かしていきたいと考えています。

次回は、被告元役員らが主張している「東芝において十分なコンプライアンス体制を構築していた」「役員は不正会計の防止のために相当の注意を果たしていた」「今回の決算修正は、東芝の資産規模と比較すれば重要事項の虚偽記載とは言えない」という点について、原告からの反論をおこなう予定です。

次回以降の裁判期日(現在決まっているもの)

  • 2020年3月17日 午前11時
  • 2020年4月21日 午後3時
  • 2020年5月19日午後2時30分
  • 2020年7月21日午後1時30分

令和2年1月21日 東京地裁に出廷しました。

令和2年1月21日 東京地裁に出廷しました。

今回は、いわゆる責任論の大詰め作業として「虚偽記載の詳しい理由」についての、原告と被告東芝らの主張を整理する作業をおこないました。

有価証券報告書虚偽記載の具体的な事実について、原告が認識している具体的な事実を記載し、それに対して、被告東芝らの認否(その事実があったことを認めるか、認めないか)を記載する。

その後、被告東芝らの認否に対する、原告の反論を記載する、という形式で、原告と被告東芝らの主張の整理をおこなっています。

今回の主張の整理は、2月の裁判期日までおこなう予定です。

次号の弁護団通信について

現在、次号の弁護団通信については、最終原稿が完成している状態です。

最終チェックをおこなっています。

11月10日ころ発送予定となっています。

今しばらく、お待たせします。

発送が遅れており、申し訳ありません。

 

令和元年10月25日 大阪訴訟に出廷しました。

今回の大阪訴訟では、弁護団から、損害論に関する主張をおこないました。

また、次回には、弁護団から、損害論について、追加の補充主張をおこなうことになりました。

大阪訴訟の次回以降の予定

令和元年12月13日 午後1時30分から

令和2年1月29日 午後1時30分から

令和2年3月16日 午後1時30分から

 

 

 

令和元年 11月7日 東京訴訟に出廷しました。

今回の東京訴訟では、弁護団から、被告東芝に対して、文書提出命令の申立をおこないました。

これは、被告東芝が平成27年9月7日に公表した「不正会計の総額が2248億円であった」という事実について、その不正会計の詳しい内訳の資料の開示を求めるものです。

被告東芝は、すでに、第三者委員会が調査した1562億円分については、詳しい内訳を開示しています。

ただ、1562億円以外の686億円部分については、詳しい内容を公表していなかったものです。

裁判所は、この申立を受けて、文書提出命令の決定を出すかどうかを12月に決めるとのことです。

東京訴訟の今後の予定

2019年12月3日 午前11時
2020年1月21日 午後1時30分
2020年2月18日 午後1時30分
2020年3月17日 午前11時
2020年4月21日 午後3時

 

 

令和元年9月20日 高松訴訟に出廷しました。

東芝集団訴訟について、高松訴訟に出廷しました。

東京訴訟と、ほぼ同一の進行であり、弁護団から、損害論の総論の主張をおこないました。

また、被告らから、以前に出されていた損害論についての反論をおこないました。

被告らからの反論は、さまざまな内容にわたりますが、

・不正会計発覚後の東芝株の下落は、他の電機大手と、それほど変わらないのではないか

・平成27年4月から10月にかけて、日経平均も5パーセント程度は下がっているので、その分を損害から差し引くべきではないか

・不正会計によって株価が下がったとは言い切れないのではないか

などというような反論がされています。

これらの主張に対して、弁護団は、全面的に反論をおこなっています。

 

高松訴訟の今後のスケジュール

次回 11月21日 午後1時15分から
次々回 令和2年1月24日 午後1時30分から

令和元年9月6日 大阪訴訟に出廷しました。

9月6日、午後1時30分より、大阪訴訟に出廷しました。

弁護団からは、東京訴訟と同様、損害論総論についての主張をおこないました。

また、証券会社から取り寄せた過去の東芝株売買履歴の整理について、大半が整理完了しており、未整理のものはごく少数であることを裁判所に報告しました。

今後の進行については、損害論総論について、被告らからの反論があるものと考えています。

大阪訴訟の次回以降の期日の予定

令和元年10月25日 午後1時30分から2時30分まで

令和元年12月13日 午後1時30分から午後3時まで

令和2年     1月29日 午後1時30分から午後3時まで